シチュエーション別同一目的 -- Part1


  VBScript 版



  
' オブジェクト作成
Set WshShell = CreateObject("WScript.Shell")
Set Rs = CreateObject("ADODB.Recordset")
Set Fso = CreateObject( "Scripting.FileSystemObject" )

' システム環境変数を取得
Set WshSysEnv = WshShell.Environment("SYSTEM")
strEnvPath = WshSysEnv("PATH")

' ユーザー環境変数を取得
Set WshSysEnv = WshShell.Environment("USER")

strEnvPath = strEnvPath & ";" & WshSysEnv("PATH")

' トークンに分解
aData = Split( strEnvPath, ";" )

Const adVarChar = 200

' ソートに ADO のレコードセットを利用する
Rs.Fields.Append "ソートデータ", adVarChar,255
Rs.Open

For Each strData in aData

	if Trim( strData ) <> "" then
		Rs.AddNew
		Rs.Fields("ソートデータ").value = strData
		Rs.Update
	end if

Next

Rs.Sort = "ソートデータ"
Rs.MoveFirst

' テキストファイルに書き込む
Set OutObj = Fso.OpenTextFile( "result.txt", 2, True )
Do while not Rs.EOF

	OutObj.WriteLine Rs.Fields("ソートデータ").value & ""
	Rs.MoveNext

Loop
OutObj.Close

Rs.Close
  










  infoboard   管理者用   
このエントリーをはてなブックマークに追加




SQLの窓  天気  IT用語辞典
Yahoo!ニュース  マルチ辞書
PHP マニュアル  Google URL短縮 


フリーフォントWEBサービス
SQLの窓WEBサービス

SQLの窓フリーソフト

素材

一般WEBツールリンク

SQLの窓

フリーソフト

JSライブラリ