例外処理

  try、catch



通常のC の関数を使う場合の発想と少し違いますが、エラー処理である事に間違いはありません。

C の関数では目的の処理に失敗すると、戻り地等でその状態を知り、次のステップに移るというコーディング
を行います。よって、プログラマの致命的な失敗がなければプログラムは継続して実行されます。

しかし、java では「エラー」と定義された状態になると、プログラムの実行は中止されてしまいます。
つまり、プログラマが途中で中止されないアプリケーションを作成する為の手段として用いるのが
try、catch であり、C に慣れたプログラマが java を始める時に抱える最も大きな悩みのタネでもあります。
あまり深く考えない事です。エラー処理のテクニック、複数の catch ブロックや finally プロックの使い方等
が実際存在するでしょうが、それらは開発毎に方針というものがあるはずです。その時に覚えれば良いでしょう。










  infoboard   管理者用   
このエントリーをはてなブックマークに追加




SQLの窓  天気  IT用語辞典
Yahoo!ニュース  マルチ辞書
PHP マニュアル  Google URL短縮 


フリーフォントWEBサービス
SQLの窓WEBサービス

SQLの窓フリーソフト

素材

一般WEBツールリンク

SQLの窓

フリーソフト

JSライブラリ