PHP 基本情報


  セッション



  
session_start();
  

セッションを使用するには、とにかくソースコードの先頭で上記コードを実行しておけば良いでしょう。

セッションデータは、デフォルトでファイルに保存され、session_save_path 関数で、その場所の取得が可能です。その結果 /TMP と表示された場合、Windows の場合、ソースコードがあるドライブのルートにある TMP というディレクトリ内です。windows 以外では /TMP です。しかし、session_save_path 関数の取得結果が無かった場合、Windows では、システムのテンポラリディレクトリが使用されます( php.ini の該当エントリを確認する必要があります => session.save_path )

session_save_path 関数では、その場所の設定も可能です。

また、セッションデータのクリアは以下ようにして実行します

  
$_SESSION = array();
  

※ 参照

  
<?php
# 場所を変える場合は、session_start() の前に実行
session_save_path("/homepage/tmp");
session_start();

print session_save_path() . "<br>";
$_SESSION['count']++;
print session_id() . "<br>";
print $_SESSION['count'] . "<br>";
?>
  

セッション関数













  infoboard   管理者用   
このエントリーをはてなブックマークに追加




SQLの窓  イラストAC  天気  IT用語辞典
Yahoo!ニュース  マルチ辞書
PHP マニュアル  Google URL短縮 


フリーフォントWEBサービス
SQLの窓WEBサービス

SQLの窓フリーソフト

素材

一般WEBツールリンク

SQLの窓

フリーソフト

JSライブラリ