固体長の文字列になるように、指定文字列で左右を埋める

  Lpad、LpadB、Rpad、RpadB



Lpad と Rpad は、文字列を VBscript が認識する「文字」単位でカウントするので、正確には2バイト文字用です
LbadB と RpadB を使用する事によって、1バイトと2バイトが混在していても、スペーシングが可能となります。

これらの文字列操作は、位置指定での出力では無く、文字列内の文字列として位置を正しく表示する
為に使われ、フォントも MS ゴシック等の固定ビッチのフォントを使用する必があります

  
REM **********************************************************
REM 指定数、指定文字列左側を埋める
REM **********************************************************
Function Lpad( strValue, str, nLen )

	Lpad = Right( String(nLen,str) & strValue, nLen )

End Function
Function LpadB( strValue, str, nLen )

	Dim strWork,nLen2
	
	strWork = Right( String(nLen,str) & strValue, nLen )
	nLen2 = nLen

	Do While ByteLen( strWork ) > nLen
		nLen2 = nLen2 - 1
		if nLen2 <= 0 then
			Exit Do
		end if
		strWork = Right( String(nLen,str) & strValue, nLen2 )
	Loop
	LpadB = strWork

End Function

REM **********************************************************
REM 指定数、指定文字列右側を埋める
REM **********************************************************
Function Rpad( strValue, str, nLen )

	Rpad = Left( strValue & String(nLen,str), nLen )

End Function
Function RpadB( strValue, str, nLen )

	Dim strWork,nLen2

	strWork = Left( strValue & String(nLen,str), nLen )
	nLen2 = nLen

	Do While ByteLen( strWork ) > nLen
		nLen2 = nLen2 - 1
		if nLen2 <= 0 then
			Exit Do
		end if
		strWork = Left( strValue & String(nLen,str), nLen2 )
	Loop
	RpadB = strWork

End function
  


■ 関連するページ
得意先別商品別売上管理表



Makeing up right or left by designated character string to become
the character string of the solid length.










  infoboard   管理者用   
このエントリーをはてなブックマークに追加




SQLの窓  天気  IT用語辞典
Yahoo!ニュース  マルチ辞書
PHP マニュアル  Google URL短縮 


フリーフォントWEBサービス
SQLの窓WEBサービス

SQLの窓フリーソフト

素材

一般WEBツールリンク

SQLの窓

フリーソフト

JSライブラリ