ディレクトリ内のファイルの処理


  ごみ箱の中の列挙



プロパティから得るデータと、GetDetailsOf メソッドから得るデータでは微妙に表現が違います。
( 違う場合があります )

また、ゴミ箱では有効では無いと思いますが(試していないので)
NameModifyDate は、データをセットして変更可能です。

※ For 〜 Next と For Each 〜 Next はどちらも同様の結果を取得できます

  
Set objFolder = Shell.NameSpace( "::{645FF040-5081-101B-9F08-00AA002F954E}" )

Set objFolderItems = objFolder.Items()
nCount = objFolderItems.Count

' 列挙1
strData = ""
For i = 0 to nCount - 1

	strData = strData & objFolderItems.Item(i).Name & vbCrLf
	strData = strData & objFolderItems.Item(i).ModifyDate & vbCrLf
	strData = strData & objFolderItems.Item(i).Path & vbCrLf
	strData = strData & objFolderItems.Item(i).Size & vbCrLf
	strData = strData & objFolderItems.Item(i).Type & vbCrLf
	strData = strData & vbCrLf

Next

WScript.Echo strData

' 列挙2
strData = ""
For Each obj In objFolderItems

	strData = strData & objFolder.GetDetailsOf(obj, 0) & vbCrLf
	strData = strData & objFolder.GetDetailsOf(obj, 1) & vbCrLf
	strData = strData & objFolder.GetDetailsOf(obj, 2) & vbCrLf
	strData = strData & objFolder.GetDetailsOf(obj, 3) & vbCrLf
	strData = strData & objFolder.GetDetailsOf(obj, 4) & vbCrLf
	strData = strData & objFolder.GetDetailsOf(obj, -1) & vbCrLf
	strData = strData & vbCrLf

Next

WScript.Echo strData
  

Microsoft へのリンク : Folder Object
Microsoft へのリンク : Folder Item Object











  infoboard   管理者用   
このエントリーをはてなブックマークに追加




SQLの窓  天気  IT用語辞典
Yahoo!ニュース  マルチ辞書
PHP マニュアル  Google URL短縮 


フリーフォントWEBサービス
SQLの窓WEBサービス

SQLの窓フリーソフト

素材

一般WEBツールリンク

SQLの窓

フリーソフト

JSライブラリ