COM の登録作業

  COM が登録されているかどうか



レジストリのデータ を調べます。

登録されている場合は、InprocServer32 エントリにあるパスを返します
登録されていない場合は "" を返します

  
Result = IsComExist( "Lbox.BatchHelper" )
if Result <> "" then
	WScript.Echo Result
end if

' **********************************************************
' COM が登録されているかどうか
' **********************************************************
Function IsComExist( strProgID )

	Dim strValue

	on error resume next

	strValue = WshShell.RegRead("HKCR\" & strProgID & "\CLSID\")
	if Err.Number <> 0 then
		IsComExist = ""
		Exit Function
	end if

	strValue = "HKCR\CLSID\" & strValue
	strValue = strValue & "\InprocServer32\"
	strValue = WshShell.RegRead(strValue)
	if Err.Number <> 0 then
		IsComExist = ""
		Exit Function
	end if

	strValue = WshShell.ExpandEnvironmentStrings( strValue )

	on error goto 0

	IsComExist = strValue

End Function
  



  システムディレクトリの取得



Shell.Application を使用すると、システムディレクトリを取得できます

  
WScript.Echo GetSystemDirectory( )

' **********************************************************
' システムディレクトリの取得
' **********************************************************
Function GetSystemDirectory( )

	Dim obj

	Set obj = CreateObject( "Shell.Application" )
	Set objFolder = obj.Namespace( &H25 )
	Set objFolderItem = objFolder.Self
	GetSystemDirectory = objFolderItem.Path

End Function
  



  regsvr32.exe による登録

処理としては以下のプロセスになります

1) COM が登録されているかどうかチェック
2) 登録されていなければ 6) へ進む
3) 登録されているパスで実際存在するかどうかチェック。存在すれば 5) へ進む
4) 存在しない場合はその場所へ登録ファイルをコピー
5) regsvr32.exe /u で登録を解除
6) システムディレクトリへ登録ファイルをコピー
7) コピー先のパスで regsvr32.exe を実行

  
ErrMessage = "インストールに失敗しました。システム権限で実行して下さい"
EndMessage = "インストールが完了しました"
nNextStep = 1

' ----------------------------------------------------------
' COM
' ----------------------------------------------------------
strProg = "Lbox.dll"
nStep = 1
strTarget = IsComExist( "Lbox.BatchHelper" )
if strTarget = "" then
	nNextStep = 6
end if

nStep = 3
if nStep >= nNextStep then
	WScript.Echo strProg & _
		" を既に登録されているパスで存在チェック"
	if Fso.FileExists( strTarget ) then
		nNextStep = 5
	end if
end if

nStep = 4
if nStep >= nNextStep then
	WScript.Echo strProg & _
		" を登録されているパスへコピー (" & _
		strTarget & ")"
	Call Fso.CopyFile( strProg, strTarget )
end if

nStep = 5
if nStep >= nNextStep then
	strCommand = "regsvr32.exe /u """ & strTarget & """"
	WScript.Echo strProg & _
		" が正しく登録されているのでいったん登録解除 (" & _
		strCommand & ")"
	' 実行終了を待つ
	Call WshShell.Run( strCommand,,True )
end if

nStep = 6
if nStep >= nNextStep then
	strTarget = GetSystemDirectory( )
	WScript.Echo strProg & _
		" をシステムディレクトリへコピー (" & _
		strTarget & ")"
	if strTarget = "" then
		WScript.Echo ErrMessage
		WScript.Quit
	end if
	Call Fso.CopyFile( strProg, strTarget & "\" & strProg )
end if

nStep = 7
if nStep >= nNextStep then
	strCommand = "regsvr32.exe """ & strTarget & "\" & strProg & """"
	WScript.Echo strProg & _
		" をシステムディレクトリの登録ファイルで登録します (" & _
		strCommand & ")"
	' 実行終了を待つ
	Call WshShell.Run( strCommand,,True )
end if

WScript.Echo EndMessage
  



  Windows Script Component の登録

Windows Script Component は、スクリプトで書かれたコンポーネントです。

登録方法が少し違いますが、基本的な手順は同じです。
( 以下は専用の IsWscExist 関数です )

  
' **********************************************************
' Windows Script Component が登録されているかどうか
' **********************************************************
Function IsWscExist( strProgID )

	Dim strValue

	on error resume next

	strValue = WshShell.RegRead("HKCR\" & strProgID & "\CLSID\")
	if Err.Number <> 0 then
		IsWscExist = ""
		Exit Function
	end if

	strValue = "HKCR\CLSID\" & strValue
	strValue = strValue & "\ScriptletURL\"
	strValue = WshShell.RegRead(strValue)
	if Err.Number <> 0 then
		IsWscExist = ""
		Exit Function
	end if

	on error goto 0

	IsWscExist = Right( strValue, Len( strValue ) - 7 )

End Function
  

以下に、COM を処理した後に継続して実行するコードを示します

  
' ----------------------------------------------------------
' Windows Script Component
' ----------------------------------------------------------
strProg = "BatchWsc.wsc"
nStep = 8
strTarget = IsWscExist( "Lbox.BatchWsc" )
if strTarget = "" then
	nNextStep = 12
end if

nStep = 9
if nStep >= nNextStep then
	WScript.Echo strProg & _
		" を既に登録されているパスで存在チェック"
	if Fso.FileExists( strTarget ) then
		nNextStep = 11
	end if
end if

nStep = 10
if nStep >= nNextStep then
	WScript.Echo strProg & _
		" を登録されているパスへコピー (" & _
		strTarget & ")"
	Call Fso.CopyFile( strProg, strTarget )
end if

nStep = 11
if nStep >= nNextStep then
	strCommand = "regsvr32.exe scrobj.dll /u /n "
	strCommand = strCommand & "/i:""file://" & strTarget & """"
	WScript.Echo strProg & _
		" が正しく登録されているのでいったん登録解除 (" & _
		strCommand & ")"
	' 実行終了を待つ
	Call WshShell.Run( strCommand,,True )
end if

nStep = 12
if nStep >= nNextStep then
	strTarget = GetSystemDirectory( )
	WScript.Echo strProg & _
		" をシステムディレクトリへコピー (" & _
		strTarget & ")"
	if strTarget = "" then
		WScript.Echo ErrMessage
		WScript.Quit
	end if
	Call Fso.CopyFile( strProg, strTarget & "\" & strProg )
end if

nStep = 13
if nStep >= nNextStep then
	strCommand = "regsvr32.exe scrobj.dll /n "
	strCommand = strCommand & "/i:""file://"
	strCommand = strCommand & strTarget & "\" & strProg & """"
	WScript.Echo strProg & _
		" をシステムディレクトリの登録ファイルで登録します (" & _
		strCommand & ")"
	' 実行終了を待つ
	Call WshShell.Run( strCommand,,True )
end if

WScript.Echo EndMessage
  










  infoboard   管理者用   
このエントリーをはてなブックマークに追加




SQLの窓  天気  IT用語辞典
Yahoo!ニュース  マルチ辞書
PHP マニュアル  Google URL短縮 


フリーフォントWEBサービス
SQLの窓WEBサービス

SQLの窓フリーソフト

素材

一般WEBツールリンク

SQLの窓

フリーソフト

JSライブラリ