ページ間の参照

  App.xaml.css にプロパティを定義



using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Net;
using System.Windows;
using System.Windows.Controls;
using System.Windows.Documents;
using System.Windows.Input;
using System.Windows.Media;
using System.Windows.Media.Animation;
using System.Windows.Navigation;
using System.Windows.Shapes;
using Microsoft.Phone.Controls;
using Microsoft.Phone.Shell;

namespace PhoneApp1
{
	public partial class App : Application
	{
		/// <summary>
		/// Phone アプリケーションのルート フレームへの容易なアクセスを提供します。
		/// </summary>
		/// <returns>Phone アプリケーションのルート フレームです。</returns>
		public PhoneApplicationFrame RootFrame { get; private set; }

		// メインページのインスタンスを格納
		public MainPage mainPage { get; set; }
		public Page1 page1 { get; set; }

		/// <summary>
		/// Application オブジェクトのコンストラクターです。
		/// </summary>
		public App()
		{
			// キャッチできない例外のグローバル ハンドラーです。 
			UnhandledException += Application_UnhandledException;

			// Silverlight の標準初期化
			InitializeComponent();

			// Phone 固有の初期化
			InitializePhoneApplication();

			// デバッグ中にグラフィックスのプロファイル情報を表示します。
			if (System.Diagnostics.Debugger.IsAttached)
			{
				// 現在のフレーム レート カウンターを表示します。
				Application.Current.Host.Settings.EnableFrameRateCounter = true;

				// 各フレームで再描画されているアプリケーションの領域を表示します。
				//Application.Current.Host.Settings.EnableRedrawRegions = true;

				// 試験的な分析視覚化モードを有効にします。 
				// これにより、色付きのオーバーレイを使用して、GPU に渡されるページの領域が表示されます。
				//Application.Current.Host.Settings.EnableCacheVisualization = true;

				// アプリケーションの PhoneApplicationService オブジェクトの UserIdleDetectionMode プロパティを Disabled に設定して、
				// アプリケーションのアイドル状態の検出を無効にします。
				// 注意: これはデバッグ モードのみで使用してください。ユーザーが電話を使用していないときに、ユーザーのアイドル状態の検出を無効にする
				// アプリケーションが引き続き実行され、バッテリ電源が消耗します。
				PhoneApplicationService.Current.UserIdleDetectionMode = IdleDetectionMode.Disabled;
			}

		}

		// (たとえば、[スタート] メニューから) アプリケーションが起動するときに実行されるコード
		// このコードは、アプリケーションが再アクティブ化済みの場合には実行されません
		private void Application_Launching(object sender, LaunchingEventArgs e)
		{
		}

		// アプリケーションがアクティブになった (前面に表示された) ときに実行されるコード
		// このコードは、アプリケーションの初回起動時には実行されません
		private void Application_Activated(object sender, ActivatedEventArgs e)
		{
		}

		// アプリケーションが非アクティブになった (バックグラウンドに送信された) ときに実行されるコード
		// このコードは、アプリケーションの終了時には実行されません
		private void Application_Deactivated(object sender, DeactivatedEventArgs e)
		{
		}

		// (たとえば、ユーザーが戻るボタンを押して) アプリケーションが終了するときに実行されるコード
		// このコードは、アプリケーションが非アクティブになっているときには実行されません
		private void Application_Closing(object sender, ClosingEventArgs e)
		{
		}

		// ナビゲーションに失敗した場合に実行されるコード
		private void RootFrame_NavigationFailed(object sender, NavigationFailedEventArgs e)
		{
			if (System.Diagnostics.Debugger.IsAttached)
			{
				// ナビゲーションに失敗しました。デバッガーで中断します。
				System.Diagnostics.Debugger.Break();
			}
		}

		// ハンドルされない例外の発生時に実行されるコード
		private void Application_UnhandledException(object sender, ApplicationUnhandledExceptionEventArgs e)
		{
			if (System.Diagnostics.Debugger.IsAttached)
			{
				// ハンドルされない例外が発生しました。デバッガーで中断します。
				System.Diagnostics.Debugger.Break();
			}
		}

		#region Phone アプリケーションの初期化

		// 初期化の重複を回避します
		private bool phoneApplicationInitialized = false;

		// このメソッドに新たなコードを追加しないでください
		private void InitializePhoneApplication()
		{
			if (phoneApplicationInitialized)
				return;

			// フレームを作成しますが、まだ RootVisual に設定しないでください。これによって、アプリケーションがレンダリングできる状態になるまで、
			// スプラッシュ スクリーンをアクティブなままにすることができます。
			RootFrame = new PhoneApplicationFrame();
			RootFrame.Navigated += CompleteInitializePhoneApplication;

			// ナビゲーション エラーを処理します
			RootFrame.NavigationFailed += RootFrame_NavigationFailed;

			// 再初期化しないようにします
			phoneApplicationInitialized = true;
		}

		// このメソッドに新たなコードを追加しないでください
		private void CompleteInitializePhoneApplication(object sender, NavigationEventArgs e)
		{
			// ルート visual を設定してアプリケーションをレンダリングできるようにします
			if (RootVisual != RootFrame)
				RootVisual = RootFrame;

			// このハンドラーは必要なくなったため、削除します
			RootFrame.Navigated -= CompleteInitializePhoneApplication;
		}

		#endregion
	}
}










  infoboard   管理者用   
このエントリーをはてなブックマークに追加




SQLの窓  イラストAC  天気  IT用語辞典
Yahoo!ニュース  マルチ辞書
PHP マニュアル  Google URL短縮 


フリーフォントWEBサービス
SQLの窓WEBサービス

SQLの窓フリーソフト

素材

一般WEBツールリンク

SQLの窓

フリーソフト

JSライブラリ