リストボックスの設定

  書式



表示するフィールドは、以下の4つです

1) 郵便番号
2) 都道府県
3) 市区町村
4) 町域

ですから、まず「列数」を 4 とします

次に、「列見出し」を はい にします。これによって、SELECT 文で表示する列の列名または別名が表示できるようになります

「列幅」は、フィールド毎の表示幅になります。フィールドとフィールドの間に ;(セミコロン) を入れます

(例) 2cm;4cm;4cm;10cm



  データ



「コントロールソース」には何も指定しません。未入力状態にしておいて下さい

「値集合タイプ」は テーブル/クエリ です。決して他のものを選択しないで下さい

「値集合ソース」には、実行時に SELECT 文をセットします。未入力状態にしておいてください

「連結列」は、その行を選択した時のリストボックスの値となる列の表示順序番号をセットします。この場合は「郵便番号検索」なので 1 です










  infoboard   管理者用   
このエントリーをはてなブックマークに追加




SQLの窓  天気  IT用語辞典
Yahoo!ニュース  マルチ辞書
PHP マニュアル  Google URL短縮 


フリーフォントWEBサービス
SQLの窓WEBサービス

SQLの窓フリーソフト

素材

一般WEBツールリンク

SQLの窓

フリーソフト

JSライブラリ