アカウントを使用した接続

  OpenDSObject



  
' **********************************************************
' ADSI 接続
' **********************************************************
Function ADSIConnect()

	strServer = document.all("Server").value
	if strServer = "" then
		strServer = "."
	end if
	strUser = document.all("User").value
	strPassword = document.all("Password").value

	' 接続
	on error resume next
	Set objNspace = GetObject("WinNT:")
	Set objService = objNspace.OpenDSObject("WinNT://" & strServer, _
		strUser, strPassword, &H1 )
	if Err.Number <> 0 then
		alert(Err.Description)
		ADSIConnect = False
		Set objNspace = Nothing
		Exit Function
	end if
	Set objNspace = Nothing
	on error goto 0

	ADSIConnect = True

End Function
  

OpenDSObject については、Microsoft の詳細 を参照して下さい

Namespace オブジェクトの IADsOpenDSObject インターフェイスを使用しています。&H1 は、ADS_AUTHENTICATION_ENUM の ADS_SECURE_AUTHENTICATION です。

リクエスト安全な認証です。このフラグがセットされる場合、WinNT Provider は、クライアントを確認するためにNT LANマネージャー(NTLM)を使用します。アクティブディレクトリーはクライアントを確認するためにケルベロスおよびNTLMを使用します。ユーザー名およびパスワードがNULLである場合、ADSIは、呼び出しのコンテキストのセキュリティ情況を使用して、オブジェクトにバインドします。

Windows2000 SP1 以降で、LDAP プロバイダを使用する場合は、サーバ名で接続時に ADS_SERVER_BIND(&H200) が必要となります











  infoboard   管理者用   
このエントリーをはてなブックマークに追加




SQLの窓  天気  IT用語辞典
Yahoo!ニュース  マルチ辞書
PHP マニュアル  Google URL短縮 


フリーフォントWEBサービス
SQLの窓WEBサービス

SQLの窓フリーソフト

素材

一般WEBツールリンク

SQLの窓

フリーソフト

JSライブラリ