[OO4O] GLOBAL.ASA による接続プールの作成

  OBJECT タグ



GLOBAL.ASA の先頭(※1)に以下のような行を挿入します。

  
<OBJECT RUNAT=Server SCOPE=Application
	ID=OraSession
	PROGID="OracleInProcServer.XOraSession"
>
</OBJECT>
  

SCOPE=Application により、この GLOBAL.ASA を使用する全てのアプリケーションで参照できる
OraSession オブジェクトが作成されます。

※1 先頭である必要はありません



  Application_OnStart における記述



以下のように記述します

  
OraSession.CreateDatabasePool 1,40,200,"サービス名", "ユーザ/パスワード", 0
  

これで、最大 40 の接続がプールされます。










  infoboard   管理者用   
このエントリーをはてなブックマークに追加




SQLの窓  天気  IT用語辞典
Yahoo!ニュース  マルチ辞書
PHP マニュアル  Google URL短縮 


フリーフォントWEBサービス
SQLの窓WEBサービス

SQLの窓フリーソフト

素材

一般WEBツールリンク

SQLの窓

フリーソフト

JSライブラリ