キャストオペーレータ

  文字列への変換



オブジェクトを他のデータ型に変換する為に使用されます。
文字列型へ変換する為に、メンバ変数に以下の定義を追加します
  
char str[80];
  
キャストオペレータを定義する時に注意する事は、通常最初に記述されるデータ
型の記述を行ないません。しかし、キャストは値を戻すので、return 文は必要
になります
  
// *********************************************************
// 文字列へのキャスト
// *********************************************************
Integer::operator char *( )
{
	sprintf( this->str, "%d", this->nData );
	return( this->str );
}
  

  
Integer a;
char buff[80];

a = 123;
strcpy( buff, (char *)a );
printf( "%s\n", buff );
  



  int 型への変換



  
// *********************************************************
// 整数へのキャスト
// *********************************************************
Integer::operator int ( )
{
	return( this->nData );
}
  

  
Integer a;

a = 123;
printf( "%d\n", (int)a );
  










  infoboard   管理者用   
このエントリーをはてなブックマークに追加




SQLの窓  天気  IT用語辞典
Yahoo!ニュース  マルチ辞書
PHP マニュアル  Google URL短縮 


フリーフォントWEBサービス
SQLの窓WEBサービス

SQLの窓フリーソフト

素材

一般WEBツールリンク

SQLの窓

フリーソフト

JSライブラリ