PATH 環境変数メンテナンス : Redmond Path

  環境変数の PATH だけを処理します



日本語ではありませんが、目的が限定されているので特に問題ありません。
コマンドプロンプトから実行するようなツールのパス登録が便利になります。

Path_01

Redmond Path



上の状態はシステム側に定義されているPATH 環境変数の内容です。

PATH 環境変数は、初期状態ではユーザ側には定義されていないので、新規追加から始めます

Path_02




  ユーザの PATH 環境変数を新規に作成



Path_03

新規追加でディレクトリ選択ダイアログが表示され、選択すると以下のようになります

Path_04

登録する場合はここで「Apply」ボタンをクリックします



  既に行がある場合は、;新規ディレクトリで追加できます

Path_05

入力したディレクトリが存在しない場合は、アイコンで解ります。

Path_06

実際の登録は、Apply ボタンです。
このボタンが押せる状態であるという事は、何らかの変更がされていて、確定していない事を示します。




  登録されているディレクトリに対する操作

Path_07

1) エクスプローラで開く
2) コマンドプロンプトで開く
3) ディレクトリ選択ダイアログで選択しなおす
4) 削除する




  実際のパスサーチ順序でファイルを探す

Path_08

同名ファイルが二つあるためのトラブルの原因を解消する手段として有効です。












  infoboard   管理者用   
このエントリーをはてなブックマークに追加




SQLの窓  天気  IT用語辞典
Yahoo!ニュース  マルチ辞書
PHP マニュアル  Google URL短縮 


フリーフォントWEBサービス
SQLの窓WEBサービス

SQLの窓フリーソフト

素材

一般WEBツールリンク

SQLの窓

フリーソフト

JSライブラリ