GIMP : 画像の角を丸くする

  「装飾」を使う



どの機能を使うかというとそれだけなのですが、それを実行するにあたっていろいろ知っておく
必要のある事があります。まず、既存の画像ですと読み込む事になりますが、Windows で
作業していると、( 特に WEB 上 ) そのままクリップボードから取り込む事が多くなります

Maru01


Maru02


Maru03


この後「装飾」から角丸めを実行すればいいのですが、既存の画像をロードした場合、
角丸め が実行できないようになっている場合があります

Maru04

Maru04_disable

その原因は、画像に「アルファチャンネル」が存在するからで、レイヤーを使って画像を加工する場合
普通にその機能が追加されています。ですからこの場合は意図的に削除しますが、方法としては
二つあります。

Maru05

Maru06

前者は、現在の状態がメニューに反映されており、その状態に応じて「アルファチャンネル」の処理
をする事が想定されています。しかし、角を丸めるので結局見たままの状態を使うので、後者の方法
が簡単です

Script-Fu なのでオプションダイアログが表示されますが、デフォルトでは以下のようになります

Maru07

この状態は3つのレイヤーとアルファチャンネルが存在しており、その状態を確認するには、
レイヤーのダイアログを表示する必要があります( CTRL+L でも表示されます )

Maru08

以下がレイヤーのダイアログですが、画像加工ではとても重要になります。
この中でのちょっとした処理で意図する画像へと変更して行くことがよくあります。

Maru09


Maru10

アイ(目) アイコンは表示状態を示し、選択されているレイヤーが編集対象です。
この状態を保存して後々利用する場合は、専用形式の .xcf で保存します










  infoboard   管理者用   
このエントリーをはてなブックマークに追加




SQLの窓  天気  IT用語辞典
Yahoo!ニュース  マルチ辞書
PHP マニュアル  Google URL短縮 


フリーフォントWEBサービス
SQLの窓WEBサービス

SQLの窓フリーソフト

素材

一般WEBツールリンク

SQLの窓

フリーソフト

JSライブラリ