Microsoft Jet SQL と 一般的な SQL の相違

  Like 演算子の指定項目の中で使われるワイルドカード文字



一致する文字Microsoft Jet SQLANSI SQL
1任意の 1 文字?_ (アンダースコア)
20 文字以上の文字列*%

Microsoft Jet SQL では、ANSI SQL のワイルドカード文字と、Like 演算子の指定項目の中で使われる
Microsoft Jet SQL に固有のワイルドカード文字の両方がサポートされていますが、使用している環境によって
どちらを使うかが決定されます。

Microsoft Access または DAO を介する場合は、Microsoft Jet SQLのワイルドカード文字使用します

ADO( Microsoft OLE DB Provider for Jet と Jet 4.x )を使用しているときは、
ANSI SQLのワイルドカード文字使用します



  ダブルクォーテーションについて



一般的に、SQL の中で文字列リテラルを表現するのに、シングルクォーテーションが使用されますが、
ダブルクオーテーションも使用できます。対にさえなっておれば、1つのSQL内での混在使用も可能です( IN 句など )

但し、Oracle では、ダブルクオーテーションは特別な意味があり、Jet SQL のブラケット [] にあたります。
ですから、SQLを学習する習慣づけや移行などを想定すると、 ダブルクオーテーションの使用は避けたほうが良いでしょう



  条件式における日付リテラル

where 更新日 >= #2004/01/01#

これも、一般的にはシングルクォーテーションか関数による日付変換後の値が使用されますが、
Jet SQL では # 記号 が使用されます

但し、insert や update の代入に用いられる値として使用する場合は シングルクオーテーションで OK です



  ヘルプの所在

インストールされている場合は、インストールディレクトリ内の Office\1041 にあります。インストールされていない場合は CD-ROM 内の Office\1041 を探して下さい










  infoboard   管理者用   
このエントリーをはてなブックマークに追加




SQLの窓  天気  IT用語辞典
Yahoo!ニュース  マルチ辞書
PHP マニュアル  Google URL短縮 


フリーフォントWEBサービス
SQLの窓WEBサービス

SQLの窓フリーソフト

素材

一般WEBツールリンク

SQLの窓

フリーソフト

JSライブラリ