OSQL.EXE の使用方法

  コマンドラインのヘルプ



  
使用法 : osql

  [-U login id]		[-P password]
  [-S server]		[-H hostname]		[-E trusted connection]
  [-d use database name]
  [-l login timeout]	[-t query timeout]
  [-h headers]		[-s colseparator]	[-w columnwidth]
  [-a packetsize]	[-e echo input]		[-I Enable Quoted Identifiers]
  [-L list servers]	[-c cmdend]
  [-q "cmdline query"]
  [-Q "cmdline query" and exit]
  [-n remove numbering]
  [-m errorlevel]
  [-r msgs to stderr]
  [-V severitylevel]
  [-i inputfile]	[-o outputfile]
  [-p print statistics]
  [-b On error batch abort]
  [-O use Old ISQL behavior disables the following]
	<EOF> batch processing
	コンソール幅の自動スケーリング
	長いメッセージ
	既定のエラー レベルは -1 : 1
  [-? 構文の要約を表示]

  



  ログイン



[ローカル]
  • osql -U sa -P password
[サーバ指定]
  • osql -U sa -P password -S MYPC
[初期データベース指定]
  • osql -U sa -P password -d LBOX



  カレントデータベースの変更

  
D:\MSSQL7\Binn>osql -U sa -P password -d LBOX
1> use master
2> go
  



  カレントのコマンドを修正する

  
1> ed
  

付属のエディタが DOS窓内に表示される




  終了

  
1> quit
  



  テキストファイルを読込んで実行する

[TABLE.SQL]
  
CREATE TABLE TEST (
	ITEM_CODE CHAR(10) NULL,
	ITEM_NAME VARCHAR(20) NULL
)
  

[実行]
  
D:\MSSQL7\Binn>osql -U sa -P password -d LBOX -i TABLE.SQL
1> 2> 3> 4> 5>
D:\MSSQL7\Binn>
  

または

  
D:\MSSQL7\Binn>osql -U sa -P password -d LBOX < TABLE.SQL
1> 2> 3> 4> 5>
D:\MSSQL7\Binn>
  



  その他の内部コマンド

  
1) RESET		ステートメントバッファをクリア
2) !! command	OS のコマンドを実行 ( 例: !! dir )
3) CTRL+C	クエリーの終了

4) GO 回数	コマンドを指定回数実行
  










  infoboard   管理者用   
このエントリーをはてなブックマークに追加




SQLの窓  天気  IT用語辞典
Yahoo!ニュース  マルチ辞書
PHP マニュアル  Google URL短縮 


フリーフォントWEBサービス
SQLの窓WEBサービス

SQLの窓フリーソフト

素材

一般WEBツールリンク

SQLの窓

フリーソフト

JSライブラリ