数値書式の要素

  ,(カンマ)



[注意]
すべての数値書式モデルでは、数値が指定された有効桁数に丸められます(四捨五入)
全ての書式において、書式の桁数をこえる場合はシャープ記号(#)が値のかわりに戻されます
(負の符号は桁数とは関係しない)

  
select TO_CHAR(1000, '9,999') from dual
  



  . (ピリオド)



  
select TO_CHAR(1.1, '99.99') from dual
  

  
--> 1.10
  



  先行ゼロ

  
select TO_CHAR(10.1, '099.99') from dual
  

  
--> 010.10
  

  
select TO_CHAR(0, '0.99') from dual
  

  
--> 0.00
  

  
select TO_CHAR(15, '0000') from dual
  

  
--> 0015
  



  固定小数点のあるなしでの「ゼロ」の扱い

  
select TO_CHAR(0,'99') from dual
  

  
--> 0
  

  
select TO_CHAR(0,'99.9') from dual
  

  
--> .0
  

  
select TO_CHAR(0,'90.9') from dual
  

  
-->  0.0
  



  「B」による「ゼロ」の扱い

  
select TO_CHAR(0,'B99') from dual
  

  
--> 空白
  

  
select TO_CHAR(0,'B99.9') from dual
  

  
--> 空白
  

  
select TO_CHAR(5,'B99.9') from dual
  

  
--> 5.0
  



  数値の正の数に対して「+」記号を付加したいとき(負の数は通常付加されます)

  
select TO_CHAR(1,'S99') from dual
  

  
--> +1
  

  
select TO_CHAR(1,'99S') from dual
  

  
--> 1+
  

  
select TO_CHAR(0,'S99') from dual
  

  
--> +0
  










  infoboard   管理者用   
このエントリーをはてなブックマークに追加




SQLの窓  天気  IT用語辞典
Yahoo!ニュース  マルチ辞書
PHP マニュアル  Google URL短縮 


フリーフォントWEBサービス
SQLの窓WEBサービス

SQLの窓フリーソフト

素材

一般WEBツールリンク

SQLの窓

フリーソフト

JSライブラリ