ほとんど飛び道具的な表領域の操作

  データファイル名の変更



実際には絶対にやっちゃダメです。あくまで、DBA I の知識としてとどめておきましょう。

  
alter tablespace TEST2
	rename datafile 'D:\ORACLE\ORADATA\LIGHTBOX\TEST2.ORA'
	to 'D:\ORACLE\ORADATA\LIGHTBOX\TEST2X.ORA'
  

上記 SQL を実行する前に以下の SQL を実行します

  
alter tablespace TEST2
	offline
  

実際のファイル名を OS から変更して から Oracle 内でのデータファイル名を変更して online に戻します

データファイル名の変更は、本来ファイル名より「位置情報」の変更に意味があります。運用ではある程度起こりうる処理ですが、危険な事にかわりはありません。但し、物理位置を変更できる事を利用して alter tablespace 表領域名 read only によっていったん読み込み専用に変更してから ファイル名変更時に ディスクから、CD-ROM 等のメディアに実体を変更する事が可能になります。

alter tablespace より危険な alter database 表領域名 という SQL が存在しますが、Oracle の管理者が データベースを マウント状態で起動して行なうものです。また、実際に殆ど実行される事の無い処理です。













  infoboard   管理者用   
このエントリーをはてなブックマークに追加




SQLの窓  天気  IT用語辞典
Yahoo!ニュース  マルチ辞書
PHP マニュアル  Google URL短縮 


フリーフォントWEBサービス
SQLの窓WEBサービス

SQLの窓フリーソフト

素材

一般WEBツールリンク

SQLの窓

フリーソフト

JSライブラリ