コード名称マスタの名前を取得するファンクション

  コード名称マスタ



主にコード設計上のコードと呼び名をデータとして持つマスタです

列名型名最大桁精度スケールNULL主キー
1区分NUMBER40N1
2コードVARCHAR210N2
3名称VARCHAR250
4数値1NUMBER80
5数値2NUMBER15
6作成日DATE
7更新日DATE


区分 コード 名称 数値1 数値2
1 0 0 0
1 1 0 0
2 0001 営業部第一 0 0
2 0002 営業部第二 0 0
2 0003 営業部第三 0 0
2 1001 総務部 0 0
3 0 通常商品 0 0
3 1 特別商品 0 0
3 9 非在庫 0 0
4 0 一般得意先 0 0
4 1 重点得意先 500 0
5 A 食品 0 0
5 B 装飾 0 0
5 D 衣類 0 0
5 G 娯楽 0 0
5 K 家庭一般 0 0
5 M 0 0
5 P パソコン 0 0
5 Z 雑貨 0 0




  PL/SQL ファンクション



  
CREATE OR REPLACE FUNCTION GET_CODE_NAME
(
	PM_KUBN IN VARCHAR2	/* 区分 */
	,PM_CODE IN VARCHAR2	/* コード */
)
RETURN VARCHAR2	/* 戻り値の定義 */

/**********************************************************/
/* 変数の定義 */
/**********************************************************/
AS
	RET_VALUE	VARCHAR2(2000);
	WK_VALUE	VARCHAR2(2000);

/**********************************************************/
/* 処理開始 */
/**********************************************************/
BEGIN
	DBMS_OUTPUT.PUT_LINE('デバッグ:開始');
	select 名称 into RET_VALUE
		from コード名称マスタ
		where 区分 = PM_KUBN
		and コード = PM_CODE;
	RETURN RET_VALUE;

/**********************************************************/
/* 一番外側のブロックの例外処理 */
/**********************************************************/
EXCEPTION
	WHEN OTHERS THEN
		RET_VALUE := '例外発生:'||SQLCODE||':'||SQLERRM;
		RETURN RET_VALUE;
END;
/
  










  infoboard   管理者用   
このエントリーをはてなブックマークに追加




SQLの窓  天気  IT用語辞典
Yahoo!ニュース  マルチ辞書
PHP マニュアル  Google URL短縮 


フリーフォントWEBサービス
SQLの窓WEBサービス

SQLの窓フリーソフト

素材

一般WEBツールリンク

SQLの窓

フリーソフト

JSライブラリ