VBScript : デスクトップに Google Chrome を使用したドキュメント( HTML ) のショートカットを作成する

  スクリプトのダウンロードと概要




ブラウザでダウンロード

自分にとって、各ブラウザは目的にあわせて使うツールなのですが、Google Chrome は現在ローカルファイルのドキュメントの参照に使っています。

しかし、どうや Chrome5 になってから、引数に --allow-file-access-from-files を指定しないと フレームの target が正しく動かないようなので、面倒なので登録用のスクリフトを作成しました。

実行すると、ファイルを選択するのダイアログが表示されるので、目的の index.html 等を選択すると、一つ上の階層のディレクトリ名で、デスクトップにショートカットを作成します。

※ アイコンは、Google Chrome の 3 番目のアイコンを使用しています
Flex3_doc_chrome_icon

※ HOT キーは、CTRL+CHIFT+G で決め打ちなので変更して利用して下さい

以下は Flex3 のドキュメントを Google Chrome で開いたところです

Flex3_doc_chrome


関連する記事

Google Chrome 公式ヘルプフォーラム
targetを設定していても新しいタブを開いてしまうのですが使えなくなったのですか?



  ソースコード



ショートカット作成で最も解りにくいのは引数の設定です。
Microsoft のオンラインドキュメントでは、サンプルに Arguments の記載が無い上に該当ページには、WSH の Arguments プロパティ の説明しかありません。

Chrome の場所 は、レジトリ内のアンインストールのエントリより取得しています。
確実ではないかもしれないので、その場合は直接スクリプトの該当部分を書きなおして使って下さい
strTarget が、Chrome.exe へのパスです( Chromium を使用するのであればそうする必要があります )

※ 普通に引数部分を記述して下さい

Microsoft の関連ページ

CreateShortcut メソッド
WshShortcut オブジェクト

<JOB>
<COMMENT>
************************************************************
■デスクトップにChrome で ドキュメント( HTML )の
 ショートカットを作成する

■著作権その他

このプログラムはフリーです。どうぞ自由に御使用ください。
著作権は作者である私(lightbox)が保有しています。
また、本ソフトを運用した結果については、作者は一切責任を
負えせんのでご了承ください。
************************************************************
</COMMENT>

<OBJECT id="WshShell" progid="WScript.Shell" />
<OBJECT id="Fso" progid="Scripting.FileSystemObject" />
<OBJECT id="Shell" progid="Shell.Application" />

<COMMENT>
************************************************************
* lightbox WEB WSH コアライブラリ
************************************************************
</COMMENT>
<SCRIPT language="VBScript" src="http://homepage2.nifty.com/lightbox/laylaClass.vbs"></SCRIPT>

<COMMENT>
************************************************************
* スクリプト開始
************************************************************
</COMMENT>
<SCRIPT language=VBScript>
' OpenFileName3 を実行する為のライブラリ設定
Call laylaFunctionTarget( "http://homepage2.nifty.com/lightbox/" )
Call laylaLoadFunction( "baseFunction.vbs" )
Call laylaLoadFunction( "toolFunction.vbs" )

Const SHORTCUT_WindowStyle_Default = 1
Const SHORTCUT_WindowStyle_Maximized = 3
Const SHORTCUT_WindowStyle_Minimized = 7

' ***********************************************************
' 処理開始
' ***********************************************************
' GUI 
if vbCancel = MsgBox( "処理を開始しますか?   ", vbOKCancel , _
	"Desktop to Chrome Shortcut for Flex3 document" ) then
	Wscript.Echo "キャンセルされました"
	Wscript.Quit
end if

' スクリプトが存在するディレクトリ
strCurPath = WScript.ScriptFullName
Set obj = Fso.GetFile( strCurPath )
Set obj = obj.ParentFolder
strCurPath = obj.Path

' Chrome の場所
strKey = "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\Google Chrome"
strTarget = WshShell.RegRead(strKey & "\DisplayIcon")

' デスクトップのパス
strDesktop = WshShell.SpecialFolders("Desktop")

' 対象 HTML の選択
TargetHTML = OpenFileName3()
if TargetHTML(0) <> "" then

	' ショートカットのパス
	strWorkPath = TargetHTML(0)
	Set obj = Fso.GetFile( strWorkPath )
	Set obj = obj.ParentFolder
	' 対象ファイルの一つ上のディレクトリ名を使用する
	set obj = WshShell.CreateShortcut( strDesktop & "\" & obj.Name & ".lnk")

	obj.TargetPath = strTarget
	obj.Arguments = "--allow-file-access-from-files """ & TargetHTML(0) & """"
	obj.WindowStyle = SHORTCUT_WindowStyle_Default
	obj.Hotkey = "CTRL+SHIFT+G"
	obj.IconLocation = strTarget & ", 2"
	obj.Description = "Flex3のドキュメントのショートカット"
	obj.WorkingDirectory = strCurPath & "\langref"
	obj.Save

	Wscript.Echo "処理が終了しました"
else
	Wscript.Echo "HTML を選択しませんでした"
end if

</SCRIPT>
</JOB>











  infoboard   管理者用   
このエントリーをはてなブックマークに追加




SQLの窓  天気  IT用語辞典
Yahoo!ニュース  マルチ辞書
PHP マニュアル  Google URL短縮 


フリーフォントWEBサービス
SQLの窓WEBサービス

SQLの窓フリーソフト

素材

一般WEBツールリンク

SQLの窓

フリーソフト

JSライブラリ