openFrame メソッド

  $("id")、$2("name" [,n])、$3("tagname" [,n])



IFRAME 内のエレメントの参照
$ => getElementById

$2 => getElementsByName
第二引数を省略すると、先頭オプジェクトを参照

$3 => getElementsByTagName
第二引数を省略すると、先頭オプジェクトを参照



  absolute()

位置指定を absolute にする



  relative()

位置指定を relative にする



  location( x, y )

位置指定。( absolute か relative によって位置は変化します )



  url( src 属性にセットする内容 )

IFRAME 内に表示する URL
同一ドメインを指定すると、内部ほ変更・参照できる。



  write( "文字列" )

IFRAME 内の document.write



  open()

非表示状態からの復帰



  hide()

場所を占有しない非表示
全く無かった状態になる



  close()

場所を占有する非表示



  reset()

IFRAME を再作成します。
他のドメインを表示後、キャンセルして書き込みたい時に使用します。










  infoboard   管理者用   
このエントリーをはてなブックマークに追加




SQLの窓  天気  IT用語辞典
Yahoo!ニュース  マルチ辞書
PHP マニュアル  Google URL短縮 


フリーフォントWEBサービス
SQLの窓WEBサービス

SQLの窓フリーソフト

素材

一般WEBツールリンク

SQLの窓

フリーソフト

JSライブラリ