Control の動的追加

  WithEvents キーワード



WithEvents キーワードを使用してオブジェクト変数を宣言し、メソッドによって返された参照をその変数に設定すると、動的に追加されたコントロールのイベントをプログラミングできます。

次の例を参照してください。

  
' オブジェクト変数を CommandButton として宣言します。
Private WithEvents cmdObject As CommandButton

Private Sub Form_Load()
   Set cmdObject = Form1.Controls.Add("VB.CommandButton", "cmdOne")
   cmdObject.Visible = True
   cmdObject.Width = 3000
   cmdObject.Caption = "動的 CommandButton"
End Sub

Private Sub cmdObject_Click()
    MsgBox ("これは動的に追加されたコントロールです。")
End Sub
  

「WebBrowser」コントロールの ProgID
  
   Set extObject = Form1.Controls.Add("Shell.Explorer.2", "IE")
  










  infoboard   管理者用   
このエントリーをはてなブックマークに追加




SQLの窓  天気  IT用語辞典
Yahoo!ニュース  マルチ辞書
PHP マニュアル  Google URL短縮 


フリーフォントWEBサービス
SQLの窓WEBサービス

SQLの窓フリーソフト

素材

一般WEBツールリンク

SQLの窓

フリーソフト

JSライブラリ