RunDLL32.EXE 拡張子実行

  Windows 2000、Windows XP、Windows 2003



  
RunDLL32.EXE shell32.dll,ShellExec_RunDLL "ドキュメントのパス"
  

これがいったいどうした? というと、イントラネットで、window.open の URL にローカルのExcelドキュメントのパスを直接渡していたのですが、Window XP SP2 で何をやってもエラーを回避不能だったので、WSH で Excel を Run する事にしたのですが、VBScript で Excel のパスを探す確実な方法が思いつかなかったので、これを使用してみました。

但し、Windows 9X ではどうするか・・・・
とりあえず以下のようになってます

  
	Set WSH = CreateObject("WScript.Shell")

	strReg = WSH.RegRead("HKCR\Excel.Application\CLSID\")
	strReg = WSH.RegRead("HKCR\CLSID\" & strReg & "\LocalServer\")
	strReg = Replace( strReg, "/automation", "", 1, -1, 1 )
	strReg = Trim( strReg )
	strReg = """" & strReg & """" & " " & """" & TargetExcel & """"
	Call WSH.Run(strReg)

	Set WSH = Nothing
  


  
9x では以下でも OKだと思います

RunDLL32.EXE url.dll,FileProtocolHandler index.html
  




















  infoboard   管理者用   
このエントリーをはてなブックマークに追加




SQLの窓  天気  IT用語辞典
Yahoo!ニュース  マルチ辞書
PHP マニュアル  Google URL短縮 


フリーフォントWEBサービス
SQLの窓WEBサービス

SQLの窓フリーソフト

素材

一般WEBツールリンク

SQLの窓

フリーソフト

JSライブラリ