コマンドプロンプトを『管理者権限』で実行する 8つの方法

Windowsキー + X のメニューから

タスクバーの左端を右クリックして表示されるメニューです。『コマンドプロンプト(管理者)』を使う事が可能です、無い場合は設定変更で表示できます。
【PowerShell を コマンドプロンプトに変更 ※説明あり

Windowsキー + S の検索から

cmd と入力して CTRL+SHIFT+Enter で管理者権限でコマンドプロンプトを表示できます

タスクマネージャーから

ファイルメニューより、新しいタスクの実行を選択する事で、管理者権限を付与してプログラムを実行できます



Windowsキー + R で cmd を実行してから

タスクバーに表示されている『コマンドプロンプト』を、CTRL+SHIFT を押しながらクリックします

ショートカット を作成してから

ショートカット作成時に cmd と入力すると参照後のショートカットが作成されます。そのショートカットを右クリックして『管理者として実行』を選択します。また、ショートカットタブの詳細設定より、『管理者として実行』をチェックしておくと常に管理者として実行できるようになります

VBScript を使う
Set obj = CreateObject("Shell.Application")
obj.ShellExecute "cmd.exe", "", "", "runas", 1


バッチファイル を使う

結局先ほどの VBScript のコードですが、バッチファイルにそれを作らして実行する事ができるので .bat として用意できます
@echo off
echo Set obj = CreateObject("Shell.Application"):obj.ShellExecute "cmd.exe", "", "", "runas", 1 > %TEMP%\_acmd.vbs
cscript %TEMP%\_acmd.vbs


PowerShell を使う

PowerShell そのものはいろいろ説明が面倒ですが、PowerShell を実行する時のオプションとして考えてもらうのが簡単です( エイリアスとかもありますけれど )
powershell -windowstyle hidden -command start cmd -verb runas
-windowstyle と -command は powershell のオプションで、start は powershell の内部コマンドである Start-Process のエイリアスで、-verb は start のオプションです

この場合、-windowstyle hidden はあっても無くてもあまり変わらないと思います。