Base64 の処理

  目次







  ダウンロードとインストール



  • Microsoft の ダウンロードセンター で "CAPICOM" で検索してダウンロードします
    ( タイトルは Platform SDK Redistributable : CAPICOM )

  • ダウンロードした CC21INST.EXE を実行すると CAPICOM 2.1.0.1 というディレクトリが作成されます

  • CAPICOM 2.1.0.1\x86 の capicom.dll をシステムディレクトリにコピーします

  • regsvr32.exe CAPICOM.DLL を実行します
ThreadingModel は both となっていますので、ASP での利用に問題はありません



  Base64 の Encode と Decode

  
<%
	Call Response.AddHeader( "Content-Type", "text/html; Charset=shift_jis" )

	Set CAPIUtil = Server.CreateObject( "CAPICOM.Utilities" )

	strBase = "ABCDEF表示"
	strEncoded = CAPIUtil.Base64Encode( strBase )

	Response.Write strEncoded & "<br>"

	strDecoded = CAPIUtil.Base64Decode( strEncoded )

	Response.Write strDecoded & "<br>"
%>
  
Microsoft のリファレンスは こちら



  バイナリデータを Base64 で処理

  
<!--METADATA TYPE="TypeLib" UUID="{EF53050B-882E-4776-B643-EDA472E8E3F2}" -->
<%
	Call Response.AddHeader( "Content-Type", "text/html; Charset=shift_jis" )

	Set Stream = Server.CreateObject("ADODB.Stream")
	Set CAPIUtil = Server.CreateObject( "CAPICOM.Utilities" )

	Stream.Open
	Stream.Type = adTypeBinary
	Stream.LoadFromFile Server.MapPath( "sample.jpg" )
	strFile = CAPIUtil.ByteArrayToBinaryString( Stream.Read )
	Stream.Close

	strEncoded = CAPIUtil.Base64Encode( strFile )

	' バイナリデータを通常文字列として処理

	strDecoded = CAPIUtil.Base64Decode( strEncoded )

	strFile2 = CAPIUtil.BinaryStringToByteArray( strDecoded )

	Stream.Open
	Stream.Type = adTypeBinary
	Stream.Write strFile2
	Stream.SaveToFile Server.MapPath("sample2.jpg"), _
		adSaveCreateOverWrite 
	Stream.Close

%>
  










  infoboard   管理者用   
このエントリーをはてなブックマークに追加




SQLの窓  天気  IT用語辞典
Yahoo!ニュース  マルチ辞書
PHP マニュアル  Google URL短縮 


フリーフォントWEBサービス
SQLの窓WEBサービス

SQLの窓フリーソフト

素材

一般WEBツールリンク

SQLの窓

フリーソフト

JSライブラリ