Windows10 スタートアップのちょっとした情報

URI スキーム

URI スキーム一覧( Windows 設定アプリの起動 )

ms-settings: の後にコマンドを指定して『ファイル名を指定して実行(Windowsキ-+R)』で実行すると、Windows10 の設定画面のいずれかが開きます。

▼ Windows Update
ms-settings:windowsupdate 


コマンドプロンプトや PowerShell ウインドウでは、start ms-settings:windowsupdate と入力します

コマンド 最低限以下は知っておきたいです
cmd
control
notepad
mspaint
calc
osk
shell:sendto
shell:systemx86
shell:コマンド は、フォルダを開くコマンドです。コマンドプロンプトや PowerShell ウインドウでは、start shell:コマンド と入力します ファイル名を指定して実行は Windowsキ- + R エクスプローラのアドレスバー
1) sendto で、送るフォルダを開く( ここにエディタのショートカットを置くと便利です )
2) %temp% でテンポラリフォルダを開く
エクスプローラは Windowsキ- + E コントロールバネル Windowsキ- + Break で 『コントロール パネル\すべてのコントロール パネル項目\システム』を開いて左上のリンクからコントロールパネルを開きます ショートカットキー エクスプロラーやサービス一覧等で、CTRL 押しながら + キーで、内容でぴったり列の幅が整列される ( ※リスト形式の各所で有効 ) Windows ロゴキーを使ったショートカット 7つ Windows 編集(操作)サポートショートカットキー エクスプローラの基本設定 毎回最初にする内容です。設定画面は、表示タブのツールバーの右端から ※ Windowsの設定の更新とセキュリティの『開発者向け』でも類似した設定場所があります クイック リンクメニュー(タスクバー左端右クリック) Windowsキ-+X で開くメニューです PowerShell をコマンドプロンプトに変更します。 タスクバーを右クリックして『タスクバーの設定』で設定場所が開きます。 ※ PowerShell を実行したい場合は、ファイル名を指定して実行で PoweShell と入力するか、エクスプローラのフォルダを SHIFT キーを押しながら右クリックして開いたメニューから、そのフォルダで PowerShell を開く事ができます 管理者権限で実行 既に実行しているアプリがタスクバーで表示されている状態で、CTRL+SHIFT を押しながらタスクバーのアプリをクリックします( これが一番簡単 ) ※SHIFT キーのみだと、同じアプリが起動 コマンドプロンプトを『管理者権限』で実行する 8つの方法 Google Chrome Google Chrome をシークレットモードで指定URLを起動時に表示させる
記録

コマンドプロンプトで 10秒スリープする3つの方法

✅ timeout コマンド

timeout /T 10

pause

REM TIMEOUT [/T] タイムアウト [/NOBREAK]

REM 説明:
REM     このユーティリティでは、タイムアウトのパラメーターを指定して、一定の時間 (秒)
REM     が経過するまで、またはユーザーが任意のキーを押すまで、プログラムを待機
REM     させることができます。
REM     キー入力を無視するためのパラメーターを指定することもできます。

REM パラメーター一覧:
REM     /T        タイムアウト  待機する時間 (秒) を指定します。
REM                             有効な範囲は -1 から 99999 秒までです。

REM     /NOBREAK                キーが押されても無視し、指定時間待ちます。

✅ powershell のコマンド( コマンドプロンプトで実行します )

sleep は、Start-SleepAlias で、-m だと ミリ秒で -s だと秒です。
powershell sleep -m 10000

pause

✅ VBScript のコードを作成して実行

テンポラリフォルダに echo で VBScript のコードを書き込んで、それを cscript.exe で実行します。 ※ Sleep メソッド
echo wscript.sleep(10000) > %TEMP%\_sleep.vbs & cscript %TEMP%\_sleep.vbs

pause


sleep.vbs
wscript.sleep(10000)


ダウンロードしたファイルをエクスプローラから実行する場合は、『許可する』にチェックして『適用』して下さい。



または、『詳細情報』をクリックしてから実行します( 『許可する』と同等  )






コマンドプロンプトから実行する場合は、上記をしなくても使えるようです。
( 但し許可のチェックは設定されません )



clip.exe ( コマンドラインの出力をクリップボードにリダイレクト )

使用方法は clip /? で表示されます
C:\Users\sworc>clip /?

CLIP

説明:
    コマンド ライン ツールの出力を Windows クリップボードにリダイレクトします。
    その出力されたテキストをほかのプログラムに貼り付けることができます。

パラメーター一覧:
    /?                  このヘルプを表示します。

例:
    DIR | CLIP          現在のディレクトリ一覧のコピーを Windows クリップボード
                        に貼り付けます。

    CLIP < README.TXT   readme.txt ファイルのテキストのコピーを Windows
                        クリップボードに貼り付けます。
一番有用で手近な利用方法は、レジストリに以下のように登録する事です。
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\Folder\shell\flistcopy]
@="ファイル一覧をコピー"

[HKEY_CLASSES_ROOT\Folder\shell\flistcopy\command]
@="cmd.exe /c pushd \"%V\" & dir /a-d /b | sort | clip"


こうすると、フォルダを右クリックして現れる『ファイル一覧をコピー』を選択すると、そのフォルダ内の全てのファイルのみ( フォルダは排除しています )を、ファイル名のみでソートしてクリップボードにコピーします。

レジストリの『Folder』を使用しています。現在 Windows10 では、『Directory』は特殊な権限で守られていて、所有者を変更しないと利用できません。主に、Windows 側の設定に利用している事が原因だと思われます

cmd.exe /c pushd "%V" & dir /a-d /b | sort | clip
Microsoft のドキュメント クリップ( Windows サーバー )

色付き文字( 127744以降 ) : Windows10

🌀🌁🌂🌃🌄🌅🌆🌇🌈🌉🌊🌋🌌🌍🌎🌏🌐🌑🌒🌓🌔🌕🌖🌗🌘🌙🌚🌛🌜🌝🌞🌟🌠🌭🌮🌯🌰🌱🌲🌳🌴🌵🌶🌷🌸🌹🌺🌻🌼🌽🌾🌿🍀🍁🍂🍃🍄🍅🍆🍇🍈🍉🍊🍋🍌🍍🍎🍏🍐🍑🍒🍓🍔🍕🍖🍗🍘🍙🍚🍛🍜🍝🍞🍟🍠🍡🍢🍣🍤🍥🍦🍧🍨🍩🍪🍫🍬🍭🍮🍯🍰🍱🍲🍳🍴🍵🍶🍷🍸🍹🍺🍻🍼🍾🍿🎀🎁🎂🎃🎄🎅🎆🎇🎈🎉🎊🎋🎌🎍🎎🎏🎐🎑🎒🎓🎟🎠🎡🎢🎣🎤🎥🎦🎧🎨🎩🎪🎫🎬🎭🎮🎯🎰🎱🎲🎳🎴🎵🎶🎷🎸🎹🎺🎻🎼🎽🎾🎿🏀🏁🏂🏃🏄🏅🏆🏇🏈🏉🏊🏋🏌🏏🏐🏑🏒🏓🏠🏡🏢🏣🏤🏥🏦🏧🏨🏩🏪🏫🏬🏭🏮🏯🏰🏸🏹🏺🏻🏼🏽🏾🏿🐀🐁🐂🐃🐄🐅🐆🐇🐈🐉🐊🐋🐌🐍🐎🐏🐐🐑🐒🐓🐔🐕🐖🐗🐘🐙🐚🐛🐜🐝🐞🐟🐠🐡🐢🐣🐤🐥🐦🐧🐨🐩🐪🐫🐬🐭🐮🐯🐰🐱🐲🐳🐴🐵🐶🐷🐸🐹🐺🐻🐼🐽🐾👂👃👄👅👆👇👈👉👊👋👌👍👎👏👐👑👒👓👔👕👖👗👘👙👚👛👜👝👞👟👠👡👢👣👤👥👦👧👨👩👪👫👬👭👮👯👰👱👲👳👴👵👶👷👸👹👺👻👼👽👾👿💀💁💂💃💄💅💆💇💈💉💊💋💌💍💎💏💐💑💒💓💔💕💖💗💘💙💚💛💜💝💞💟💠💡💢💣💤💥💦💧💨💩💪💫💬💭💮💯💰💱💲💳💴💵💶💷💸💹💺💻💼💽💾💿📀📁📂📃📄📅📆📇📈📉📊📋📌📍📎📏📐📑📒📓📔📕📖📗📘📙📚📛📜📝📞📟📠📡📢📣📤📥📦📧📨📩📪📫📬📭📮📯📰📱📲📳📴📵📶📷📸📹📺📻📼📿🔀🔁🔂🔃🔄🔅🔆🔇🔈🔉🔊🔋🔌🔍🔎🔏🔐🔑🔒🔓🔔🔕🔖🔗🔘🔙🔚🔛🔜🔝🔞🔟🔠🔡🔢🔣🔤🔥🔦🔧🔨🔩🔪🔫🔬🔭🔮🔯🔰🔱🔲🔳🔴🔵🔶🔷🔸🔹🔺🔻🔼🔽🕋🕌🕍🕎🕐🕑🕒🕓🕔🕕🕖🕗🕘🕙🕚🕛🕜🕝🕞🕟🕠🕡🕢🕣🕤🕥🕦🕧🕴🕵🕺🖐🖕🖖🗻🗼🗽🗾🗿😀😁😂😃😄😅😆😇😈😉😊😋😌😍😎😏😐😑😒😓😔😕😖😗😘😙😚😛😜😝😞😟😠😡😢😣😤😥😦😧😨😩😪😫😬😭😮😯😰😱😲😳😴😵😶😷😸😹😺😻😼😽😾😿🙀🙁🙂🙃🙄🙅🙆🙇🙈🙉🙊🙋🙌🙍🙎🙏🚀🚁🚂🚃🚄🚅🚆🚇🚈🚉🚊🚋🚌🚍🚎🚏🚐🚑🚒🚓🚔🚕🚖🚗🚘🚙🚚🚛🚜🚝🚞🚟🚠🚡🚢🚣🚤🚥🚦🚧🚨🚩🚪🚫🚬🚭🚮🚯🚰🚱🚲🚳🚴🚵🚶🚷🚸🚹🚺🚻🚼🚽🚾🚿🛀🛁🛂🛃🛄🛅🛌🛐🛑🛒🛫🛬🛴🛵🛶🛷🛸🤐🤑🤒🤓🤔🤕🤖🤗🤘🤙🤚🤛🤜🤝🤞🤟🤠🤡🤢🤣🤤🤥🤦🤧🤨🤩🤪🤫🤬🤭🤮🤯🤰🤱🤲🤳🤴🤵🤶🤷🤸🤹🤺🤼🤽🤾🥀🥁🥂🥃🥄🥅🥇🥈🥉🥊🥋🥌🥐🥑🥒🥓🥔🥕🥖🥗🥘🥙🥚🥛🥜🥝🥞🥟🥠🥡🥢🥣🥤🥥🥦🥧🥨🥩🥪🥫🦀🦁🦂🦃🦄🦅🦆🦇🦈🦉🦊🦋🦌🦍🦎🦏🦐🦑🦒🦓🦔🦕🦖🦗🧀🧐🧑🧒🧓🧔🧕🧖🧗🧘🧙🧚🧛🧜🧝🧞🧟🧠🧡🧢🧣🧤🧥🧦






C# アプリケーション作成のトピック

DataGridView ( FORM アプリ )

C# : Excel を データベースとして DataGridView に読み込む
DataTable をレコードセットから作成して、DataSource に設定する最も簡易なパターン

C# : Microsoft Access のテーブルとビューの一覧と任意の SQL を実行するテンプレート


▼ 列を自分で作成
Microsoft Access に対してSQLを入力してその結果を DataGridView に表示する最も簡単なコード
(※ テーブル・ビュー一覧を GetOleDbSchemaTable で作成)


メール ( FORM アプリ )

VS2010(C#) : TKMP.DLLを使った、メール送信テンプレート

(C#) / VS2010 または VS2012 : TKMP.DLL(3.1.2 または 3.1.8)を使った、『さくらインターネット』用メール送信テンプレート


データベース

System.Data.OleDb で select into 構文を使って簡単に Microsoft Access のデータを他の データベースにエクスポートする

C# : System.Data.OleDb で Microsoft Access のデータを読み取る

VS2010(C#) : System.Data.Odbc データ取得(SELECT)処理( MySQL )

VS2010(C#) : データベースを System.Data.Linq.DataContext で読み込んでからの LINQ

WPF(C#) : ExecuteQuery を使って、DataGrid に自動的に select 構文の結果を表示する


COM

C# : dynamic 型 による Excel へのアクセス

C#(VS2010) : dynamic 型を使用して CreateObject と同等に Scripting.FileSystemObject を使用する

VS2010(C#) : COMの Msxml2.ServerXMLHTTP を使用して WEBアプリにバイナリデータを POST する


DataGrid ( WPF アプリ )

VS(C#) : DataGrid に バインドを使用して JSON データの配列を表示する( Json.NET を使用 )

VS2010 WPF(C#) DataGrid + データベース バインド / DataGrid に MDB のデータを読み込んで表示するテンプレート

WPF(C#) : 『DataGrid に、TKMP.DLL を使用して非同期にメールヘッダを受信する』 テンプレート

WPF(C#) : 『DataGrid に、バインド用クラスを使って自動的にカラムと行を生成する』 テンプレート

WPF アプリケーション(VS2010/C#) の Window 間の扱いを知る為のテンプレート

XAML の 各属性を別の行に配置する Visual Studio の設定


DXライブラリ

C# でDXライブラリを使って簡単なシューティングをクラス化して標準化 / メインループとプレイヤー (4)

C# でDXライブラリを使って簡単なシューティングをクラス化して標準化 / メインループとプレイヤー (3)

C# でDXライブラリを使って簡単なシューティングをクラス化して標準化 / メインループとプレイヤー (2)

C# でDXライブラリを使って簡単なシューティングをクラス化して標準化 / メインループとプレイヤー (1)

C# でDXライブラリを使って簡単なシューティング部分を作るサンプル


特殊

iText( itextsharp-all-5.4.3 / C# ) で簡単に PDF 出力をする。

アプリケーションテスト用コンソールアプリ(TryApp)テンプレート

TryAppテンプレートを使って『The Zip, GZip, BZip2 and Tar Implementation For .NET』のテスト

VS2010 Formアプリ(C#) : 通知領域で常駐し、ブラウザのフォームからデータを取得する HttpServer テンプレート

VS2012 Formアプリ(C#) : 通知領域で常駐する HttpServer テンプレート

Framework4.5(C#) のコンソールアプリケーションで、とても簡単に HTTP サーバーを作成できます

Framework4(C#) : WebClient で Post と Get する汎用 static クラス

VS(C#) : Json.NET を使用して文字列形式の JSON をプログラムで参照する具体的な方法

C# コンソールアプリを AN HTTP で実行




Tools クラスで、Google Gson + ListView + Preferences + Intent

1) Livedoor の お天気Webサービス API を読み込んで JSON 文字列を取得します
2) Google Gson を使用して、JSON 文字列を Java のオブジェクトの配列に変換します
3) オブジェクトの配列を ArrayAdapter で ListView に表示します
4) メニューから『追加』『修正』『削除』『クリア』『一覧参照』の処理をテストします


5) Click と LongClick のイベントを使って、次画面に画面遷移します
6) Click では、Preferences を使い、LongClick では putExtra でオブジェクトを引き渡します 
7) 次画面では、引き渡した内容を表示して、url のデータで WEBブラウザを開きます


8) 閉じるボタンを使用すると、呼び出し元へデータ(時間文字列)を戻します
9) 呼び出し元の画面で、onActivityResult で受けた場合は AlertDialog で戻されたデータを表示します

Tools クラス

▼ Preferences の場所
 
 

MainActivity
 ... 続きを読む

標準化と最適化

一般社会でこのような単語を口に出して言うと、首を傾げられるかもしれません。でも、ロジックありきで動いている世界では、とてもポピュラーな言葉です。いや、言霊と言ってもいいくらいです。
(言霊 : 言葉に宿っていると信じられていた不思議な力。発した言葉どおりの結果を現す力があるとされた)
いや、我ながら言い得て妙な気がします。これがあって初めてロジックが正しく動き出すような気がします。 標準化は単純に言うと時間短縮の手法であり、その為のガイドラインを作成する事ですが、開発の現場では実際のソースコードやモジュールやライブラリで、そっちの事を指す場合が殆どです。だからあまり気にも留めませんが、年月をある程度過ごしてから落ち着いて考えてみると、その考え方や手法の重要さにあきれ返ると思います。 コンピュータはそもそもロジックで成り立っているので、このへんの標準化はしっくりはまります。人間世界の標準化はルール作った後ルールを正しく守れる為の標準化がまた必要なのでキリがないです。ですがやらないと決して成果が正しく出ないのです。もっと簡単に言うと、損益分岐点に光を当てる為の地道な努力なのです。 そして、考え方としてはとても便利なもので、標準化だけでシステムの概要設計までは行えますし、クライアント毎の中身の個別の基本設計が「最適化」です。 最適化は、簡単に言えばチューニングであって、性能を上げる為の工夫を言います。もちろん、最適化もある程度は標準化できますが、たいていにおいて、これが「ノウハウ」と呼ばれて門外不出の秘伝だったりするわけですね。

Python である理由も Ruby である理由も通常は無いのですが

まず、少なくとも PHP がある以上、Ruby で WEBアプリを作る根拠が自分には全くありません。商品として作る以上それに対価を払うユーザが居るわけなので、彼らの都合が最優先され、その場合には PHP より上位のものを使う理由も出てきますが、Ruby である必要をそこに見い出す事は残念ながらできないのです。



しかし、Ruby にできて PHP に出来ない事もあるわけで、その場合は商品と言うよりも、運用ツールとして威力を発揮するものです。おそらく Mechanize に出会わなければ、自分はいまだに Ruby を使う事は無かったと思います。

これは、Ruby がどうのと言うより、Ruby を好んだとても優秀な技術者が偶然 Mechanize を担当したという我々にとってはラッキーな出来事で、唯一の彼が居なければどうなっていたか解りません。事実、Perl で Mechanize と言う選択肢にはならなかったのですから。

そこで、Python ですが、存在だけは知っていたのですが、その実体は 2010年04月17日 に調べて初めて知り、その上で利用価値を見出すのに苦労しました。しかし、どうやらパッケージスクリプトとして標準化しやすいという事( エンドユーザが流用しやすい ) と、cx_Freeze というような実行形式に変えてしまおうという事が元より一般化していたようです。これは、実は運用者にとっては魅力あるものです。



php2exe というものもあるにはあったのですが、PHP4 までで作者は興味を失ったようで更新されていません。自分は動作確認して、その環境ならば使える事を知っていますが、PHP5 が当たり前の世の中で非常に優先順位の低いものとなってしまいました。

ruby2exe もあります。しかし、これも成熟したプロジェクトには見えないので未調査ではあります。