FileZilla のインストール時のポイント

ダウンロード時に、グリーンのボタンをクリックするとインストーラバージョンがダウンロードできますが、それを実行すると他のセキュリティソフトをインストールさせようとするので、グリーンのボタンの下から zip バージョンをダウンロードして解凍して実行すれば普通に使えます。



▼ グリーンのボタンを押すと



▼ 右側をダウンロードしてインストールしようとすると...





▼ 設定です

直接サーバを編集するような感じでアップロードできるようになっています。( このエディタで開く場合、テンポラリを使用してダウンロードして開きます )



▼ UTF-8 にしておくと

間違って日本語ファイルをアップロードしてしまっても化けません



▼ パスワードを保存してしまうと

設定ファイルに BASE64 で保存されるので、自宅以外では避けたほうがいいです





定義ファイルのあるフォルダは、『C:\Users\ユーザー\AppData\Roaming\FileZilla』ですが、以下のスクリプトで開く事ができます。
Set obj = CreateObject("Shell.Application")
Set objFolder = obj.NameSpace( &h1a )
obj.Explore(objFolder.Self.Path&"\FileZilla")
Set obj = Nothing


サイトの情報は、この場所の sitemanager.xml に書き込まれており、他の PC で書き換えてそのまま使用できます